※販売職にてこの行動を、やったことのある人にしかわかりません。悪しからず※



お店で商品が売り切れると
SOLD OUTや売り切れの札が貼ってありますよね。 



売り切れているということは
人気商品で並べてもすぐに売れてしまったり
そもそも生産が追いついていなかったり




売り切れの札を見て
「え〜売り切れや〜残念」
とお客さんが言う。 
非常に残念もしくは悔しそう。



そこで手頃な他の商品を手にとる人
妥協せず諦めて去る人



望まれるもの
それを望む人




私は想像せずにはいられません。

何を?ってアナタ

あの売り切れ札の人間バージョンがあったらば?って・・






※以下妄想なり※ 








私が働くスーパー「やっすぅ〜」は
海外のお客様がよく来店する。
だからか一部の商品が海外の方に人気で
よく売り切れたりする。

けれども再入荷までに日にちがかかり、
売り切れを伝えると残念そうに帰っていかれるお客様も多い。

そんな中で起こった嬉しい話です。




私:「あら、またこのお菓子が欠品だわ〜。発注かけてるのかしら、あとで確認しなきゃね。とりあえずこの売り切れ札を貼り付けてっと。はいっOKっと。」






数日後・・・






同僚A:「私さーん!この欠品してたお菓子入荷したわよ〜、店頭に出しておいてくれる〜?」






私:「はーい!」
「じゃあこの売り切れ札を外してっと・・
うーんポケットにしまうと
以前みたいにそのまま出し忘れちゃうから
ここに貼っておこう
(←胸のネームプレートの上)
もし、外し忘れてもここなら
誰かが"忘れてるよ"って言ってくれるわ」


BlogPaint



そうして働いていると案の定、
胸のネームプレートに売り切れ札を貼ったことを忘れたまま接客していた





海外のお客様:「ハーイ!」



私:「いらしゃいませー!」



海外のお客様:
「この商品は売り切れですか?」←ここ以後英語でイメージしてね



私:「はい、申し訳ございません。
今週の金曜日には入荷の予定です。」←私さん少しは英語話せるていでイメージしてね



海外のお客様:「じゃあまた金曜日に見にくるよ」



私:「ありがとうございます。」



海外のお客様:「でも、しょちゅう売り切れの場合はいつ買いに来たらいいんだい?」



私:「えっ?あっ、すみません!
どちらの商品でしょうか?!
すぐにお調べします。(おかしいなぁ、そんなにずっと欠品しっぱなしの商品は無いはずなんだけど・・)」



海外のお客様:「えぇっと・・商品名は・・WA・・TAS・・HI・って読むのかな」



私:「ゔ〜ん、そんな名前の商品あったかなぁ・・・」



海外のお客様:「いや〜名前もあってるか分からないんだよ、だっていつ見ても名前の上に売り切れ札が貼られててね。か〜なり人気のようだよ、僕にはなかなかの高嶺の花なのかな?」



私:「では、入荷次第お取り置きしておきましょうか?」



海外のお客様:「そうしてくれると嬉しいね〜、でも入荷の連絡は多分今でもできるはずだよ。」



私:「???」



海外のお客様:「こうすればね!(ここで私さんのネームプレートの上に貼られた売り切れ札を剥がされる)」



私:「・:*+.\(( °ω° ))/.:+」「わたし・・今・・ワイルドに口説かれてる・・」



海外のお客様:「君はいつ見ても、売り切れ必至だね❤️」







こうして始まったスーパー「やっすぅ〜」でのわたしの恋は売り切れることなく続くのであった・・・。




あい。